営業品目から探す

渦流探傷試験

非破壊検査

渦流探傷試験の原理

鉄鋼、非鉄金属、黒鉛などの導電性のある材料に適用できます。

導電性のある試験体の近くに交流を通じたコイルを接近させ、電磁誘導現象によって試験体に発生した渦電流がクラック(きず)によって変化する性質を利用して探傷試験を行う方法です

渦流探傷試験

渦流探傷試験の特徴

  • 金属の溶接部、鍛造品などの表面近傍の状況確認に適用できる
  • 接触媒体が不要なため、検査速度が速い
  • 塗膜上から検査が出来るので、構造物の保守検査に最適
  • 形状が単純な物でないと適用できません
  • 深い位置にあるきずは検出が困難です

関連リンク


space