最新情報

最新情報

最新情報一覧

  • 2019年11月

    最新型鉄筋探査機(電磁誘導式)を2台導入しました

      ir 従来機種に比べ探査アンテナ数が5倍に増えたことにより、探査精度・深度が飛躍的に向上しました。
     また、探査データをPCに取り込むことにより3D画像化も可能となり、埋設物の状態をその場でお客様に「見て」いただくことができます。
     ブロック塀内の配筋状態の確認や、鉄筋コンクリート構造物のかぶり厚さを高精度で探査する事が可能ですので、ご用命をお待ちします。

  • 2019年8月

    最新型地中探査機を導入しました

    ir・お客様からのご要望にお応えすべく最新型地中探査機を導入いたしました。
      新型機の特徴といたしましては、最新のデジタルアンテナにより従来機に比べノイズが減少し、より高精度かつ高深度の探査が可能となりました。また、従来機より小型化した筐体により、狭隘部や壁際等の探査も柔軟に対応可能です。
      合計3台の地中探査機でお客様のご要望にお応えいたしますので、お気軽にご相談・ご下命下さい。

  • 2019年7月

    可搬型蛍光X線分析計を導入しました

    ir 可搬型蛍光X線分析計は、様々な元素を非破壊で素早く分析することができます。
     検査対象物を移動、切断、破壊することなくその場で簡単に高精度な分析結果を取得することができるので、検査作業の効率化、費用の削減に貢献します。
     塗装やメッキに含まれる有害物質の有無やコンクリート中に含まれる塩分濃度測定など用途は無限大です。
     「○○について含有量や濃度が知りたい!」などのご要望がありましたら、最先端機器を数多く保有している当社へ是非ご相談ください。

  • 2019年3月

    2020年度新卒者採用情報を掲載しました

    採用情報ページに2020年3月卒業者向け採用情報を掲載しました。。
    皆様のエントリーをお待ちしております。

  • 2019年2月

    最新型赤外線サーモグラフィ装置を2台導入しました

    ir・最新型赤外線サーモグラフィーは高分解能と高精度が熱画像が得られ、同時に導入した高精細デジタルカメラと組み合わせる事により、遠方からでも調査対象物の細部を捉え、使用範囲が大きく広がりました。
    ご存知のとおり赤外線サーモグラフィーによる調査は、外壁調査や土木構造物、雨漏りなどで益々脚光を浴び、弊社も解析ソフトと装置の高度化に経験を積むことにより調査精度を上げ、実績を重ねています。
    更に積極的に資格の取得や講習会への参加に取り組み、技術者の技能向上に努めております。
    最新型の導入により所有カメラ台数も増え、定点(固定)観測や多面同時観測など、より幅広く高度な対応が可能になりましたので、お気軽に弊社へご相談下さい。

最新情報バックナンバー


space